MISIA:東日本大震災から5年

2011年3月11日
あの未曾有の東日本大震災から、今日で5年が経ちました。
5年という月日が長いものなのか、短いものなのかは
わかりません。
しかし、東北を訪れ沿岸にお花を手向けに行った際は、
街並みが、ある境界線で突然に姿をかえる光景に、
未だにあの場所の時間は、止まってしまっているかのように
感じることもあります。
訪れるたびに、復興へ向け姿を変えていく場所。
瓦礫は撤去されたものの、何も変わらない場所。
そして瓦礫さえも、未だに残る場所・・・。
あの震災が残した傷跡は、なんと大きいのでしょうか。
どの場所に行っても、いつ行っても、
お花やお線香は途切れることなく手向けられていて、
被害を受けられた方々の悲しみの大きさを感じます。
そして、この長い復興への道のりが、人の幸せとは何か、
本当の豊かさとは何かと、問い続けているようにも感じます。
その問いの答えは、あの震災の時に気付いた
私たちにとって大切なものが教えてくれると思っています。
あの時感じたことを、私は忘れません。
被災者の皆様、避難生活など今もなおご苦労されている皆様に、
心よりお見舞いを申し上げます。
今日という日を、悲しみを、そして明日へと向かう想いを、
少しでも被災者の皆さんや、被災地にいらっしゃる皆さんと同じように
感じることが出来ますよう、そして皆さんと共に「明日へ」と向かっていけるよう、
これからも、私にできることは何か考え続け、行動し続けたいです。
1日も早い復興を心からお祈りしております。
2016年3月11日  MISIA

ARCHIVE