大宮エリー:東日本大震災から6年

東日本大震災が起きて

6年が経ちました。

あの日を遠い日に

思ったことは一度もありません。

あの日から

あの日とともに生きてきたように思います。

東北の方々のことを思うと

胸が張り裂けそうになります。

日本全国みんなが

悲しみにくれたできごとでした。

 

たくさんのかたが一度になくなる。

大切な人がいなくなる。

大切な場所がなくなる。

見慣れた景気が、一変する。

それは、6年経った今も

元に戻っていない。

 

311

この日、どうしてみんなで集まったり

イベントをしたりするのか。

それは、

やっぱりみんなでいっしょにいようね

ひとりにならないでね

ってことだと思います。

ひとりで辛い思い出を抱えないでね

ってことだと思います。

 

あなたのことは

みんなことのだよと。

ひとりぼっちのように思う時が

あるとおもうけれど

ひとりじゃないよって

思ってもらうために

311の日、みんなで集まるんだと思います。

 

今を生きないといけない。

前を向いていかないといけない。

一緒にいる、心がつながっている。

そのことの大切さを

おしえてくれた日でもありました。

 

まだまだ解決しないといけない問題が

復興地にはたくさんある。

それを確かめ合う日でもあります。

東北のことは、みんなの問題であるということ。

それを忘れないためにも

311に集まるんだと思います。

 

6年が経ち、

変わっていないという人もいるけれど

東北の方の前向きさ、勇気や希望を

振るい起こす力には

胸打たれたのも事実です。

6年間頑張ってきたね。

それをねぎらう日、

ちょっと立ち止まって抱きしめあう日でも

あるように思います。

 

311

哀しい日ですけれど、

思いやりのある、やさしいじかんに

なりますように。

 

 

大宮エリー

ARCHIVE